アパート経営の失敗事例を参考にする【リスク回避ファイナンス】

グラフ

最善の不動産投資

最適な資産運用

マンション

不動産投資は、かなり人気の高い資産運用です。不動産投資は、大きく分けて2種類あります。1つは不動産を購入し、売却して利益を得る方法、もう1つは、同じく不動産を購入して誰かに貸し、家賃収入を得る方法です。どちらの方法が魅力的かと言えば、家賃収入を得るほう法だと言えるでしょう。家賃を支払うために仕事をする人は当然いますから、家賃は、それなりの金額です。その、それなりの金額を毎月、そして長期的に得られることとなります。先行きが不透明な今の時代、資産運用する意味は、儲けるというよりも安定した収入源の確保です。ですから、家賃収入を得るという不動産投資は今の時代に最適な資産運用であり、よって、高い人気があるのです。

リスクを防ぐ方法

そして、家賃収入を得る方法で最善の方法は、一棟マンション投資だと言えます。一棟マンション投資とは、マンションを丸々一棟購入し、賃貸マンション経営をすることです。なぜ、一棟マンション投資が最善なのかというと、家賃収入を得られないリスクが防げるからです。家賃収入は当然、借り手がいなければ得られませんが、収益物件が1つしかなければ、借り手がいないという状況も考えられます。ですから、収益物件は複数所有しておくべきなのです。そして、収益物件を手っ取り早く所有できる方法は、賃貸マンションを所有するということになります。従って、一棟マンション投資が最善なのです。一棟マンション投資を行うとなれば、当然、購入の際、多額の資金が必要となりますが、ローンを利用できますから多額の資金を用意できなくても大丈夫です。一般的に、マンション販売価格の20%程度資金が用意できていれば、一棟マンション投資は可能だとされています。ですから、結構若い年齢の人でも、一棟マンション投資を行っています。

Copyright©2015 アパート経営の失敗事例を参考にする【リスク回避ファイナンス】 All Rights Reserved.